玄米食歴20年、おすすめの玄米はこれです

健康法(食事)

こんにちは、じうーゆです。

みなさんは、健康や美容、アンチエイジング等を意識して、玄米を食べているか、食べようとしている方たちだと思います。

玄米はもみがらをとっただけの、表皮がついている状態なので、どうしても農薬が残留しやすいです。

玄米にはデトックス効果があるのに、同時に毒素もとってしまっては、せっかくのプラスの効果が薄れてしまいます。

できる限り、無農薬の玄米を選ぶことをおすすめします。

  

玄米の栽培パターン

  1. 農薬使用(減農薬も含む)+化学肥料
  2. 有機JAS
  3. 無農薬+有機肥料
  4. 無農薬+無肥料(自然栽培、自然農)

大きく分けるとこんな感じ。

それぞれの批評

農薬使用+化学肥料

90%以上がこの栽培法。

メリット:どこでも手に入る。

デメリット:残留農薬が不安。

ひと言:白米として食べれば特に問題ないが、玄米食には向いていない。

星1つ    価格は2000円くらい

有機JAS

認証機関があり、登録が必要。

メリット:認証機関による登録制なので安心。

デメリット:規定の範囲で指定された農薬を使用する場合がある。

ひと言:一定の品質が保たれている。

星3つ ☆☆☆  価格は4000円~

無農薬+有機肥料

主にネットで販売されている。

メリット:無農薬なので玄米食向き。

デメリット:認証機関等がないので生産者を信用するしかない。
有機肥料の入れ過ぎ等で田んぼの土が痛む場合もある。痛んだ土からはいい米はできない。

ひと言:WEBのホームページをよく確認し、はずれくじを引かないように注意する必要がある。

星3つ ☆☆☆  価格は4000円~

無農薬+無肥料(自然栽培、自然農)

主にネットで販売されている。

メリット:無農薬、無肥料なので、玄米食に最適。

デメリット:安い米を買ったら、もみがらが少し混ざっていたり、粒が小さいものや、割れている米が多いものもあった。農家の規模が小さく、農業機材が充実していないところもあるのだろう。

ひと言:ホームページをよく確認し、自然栽培歴をチェックしよう。慣行農業から移行して数年くらいだと、農薬も化学肥料も残留している場合がある。

星4つ ☆☆☆☆  価格は4000円~

所長おすすめの玄米

私は、短いながら、農業を経験しました。

また、栽培方法のセミナー等も5回くらい参加したことがあります。

そんな中で、自然栽培のお米は体感的にも、理論的にも、科学的にも、一番体に優しくヘルシーです。

そういう訳で、私は、自然栽培の玄米をおすすめしたいと思います。


遠賀(おんが)のひかり 「かがやき」 玄米 5kg

  

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は、底辺の貧乏、半病人ですが、米と水には気を使っています。

それは、人は食べ物と飲み物で体ができているからです。

念じたり、いきばったりしたら、健康な体ができるのでしょうか。 

出るのはウンチくらいです。

ギャル秘書
ギャル秘書

汚い、汚い。

さらに人は、そんなにたくさん食べられません。

逆にたくさん食べるのが、病気の多くの原因と言われています。

食べる量(上限)が決まっているなら、低栄養のものを食べている余裕はありません。

白米、白いパン、白い麺等は、し好品として割り切り、玄米を主食にするのがいいのではないでしょうか。

そして、主食だからこそ、ある程度こだわるべきです。

玄米の数値上の栄養価はほとんど同じですが、実際には別ものと思ったほうがいいでしょう。

栽培方法をチェックし、無農薬のイキている玄米をゲットして、ヘルシー生活をエンジョイしてください。

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ランキング参加中!クリックお願いします。
健康法(食事)
じうーゆをフォローする
ヘルシーエコ無添加ライフ研究所
タイトルとURLをコピーしました